Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://seikenrou.blog91.fc2.com/tb.php/374-584a3df1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

安倍総裁誕生の熱気と、今後の保守運動

安倍総裁誕生の熱気と、今後の保守運動

安倍晋三が自由民主党の総裁に選ばれて以来、その支持者たちのまるで何かを達成したかのような浮かれぶりが目に付く。
安倍晋三信総理大臣の予感に浮かれている一部「信者」のような人々が起こしている馬鹿騒ぎはしかし、目障りながら微笑ましくもある。

気になるのは、悪夢のような民主党政権下で怨嗟の声を上げ続けていた(そしてその一部はかつての自民党政権下でも変わらず国家の危機を感じそれぞれに活動していた)
心ある保守層-或いは民族主義者-の思想と運動の方向性である。

まもなく第二次安倍政権が誕生するであろうが、誕生までの過程と、政権誕生後の困難さを自覚していない者は”心ある保守層”の中には居ないだろう。
しかし、困難さを自覚している者にとっても、時の政権や世の反国家的言論・マスメディアを非難するだけの”反体制的”姿勢では今後居られなくなってくる、
そのような事態にどのような体勢を以て臨むか、迷いの道が今後続くのではないか。

第二次安倍政権発足までのこの間、主に安倍支持派の矛先は、安倍バッシングに走る既存メディアへの反撃という方向に集中しているように見受けられる。
また、草の根で続いている不当な外国人優遇や人権主義、平和主義に対する抗議活動も継続するであろう。
無論、マスメディアは一旦潰される位のバッシングを受けてしかるべきだし、草の根の運動が更に継続拡大することを願って止まない。

しかし今までと違うのは、「背後に居る悪の民主党」という分かりやすいマンガ的な構図が無くなるという事であり、
今までと変わらないのは、待ち望んでいた保守政権下においても、
我が国のほとんどが相も変わらず堕落したカタカナサヨクや目先の餌を食らうことしか考えない餓鬼の群れで構成されている
という絶望的な風景である。

熱狂的に待ち望まれた保守政権誕生後、どれだけの絶望に保守層が耐えられられるのかが気がかりだ。
どんな高邁な理想をもった人間が国家のリーダーになろうとも、現在我が国が取っている政治体系の下では、
政治の行うことが出来る改革は非常にゆっくりとした物であり、更に重要なのは、
政治的な改革では殆ど処理できない程この国の根幹は大規模にかつ深刻に腐っているという事だ。


個人的には日本独自の保守思想、あるいは”日本語の哲学”の確立が必須であり現状全く足りていないと考えるが、
古来そのような思想的な核(コア)部分を把握している層というのは少数かつ日陰者で構わないのであって、
”世直し””維新””復古”というものは、感情に支配された多数の集団(例えば貴族階級や国民等)が大きくうねる事で実現する物である。

第二次安倍政権発足などというものは、今後うねりを起こすかもしれない小石の一投にすぎない。
日本国における”戦後レジーム”というものは、一期や二期の政権で覆るような生易しいものではない。
それは、そのレジームの中で生まれ育った人々の骨となり血となり肉となって、国の法となり制度となって
確固とした根を下ろしてしまった大病なのである。

そこから脱却する努力をしようと決めた者には、自らの目の前では何も達成されないかもしれないという達観と
大望のためには捨石になるという諦念が求められる筈だ。それは普通の生活者には耐え難い要求であり、
また、”つつましやかな一国民”がそんな要求をされるいわれはどこにもないのである。

例えば安倍晋三が、もし支持者の求める人物像を満たす人間なのであれば、しかしそのような達観と諦念を持たずして二度目の総理を目指しはしないだろう。
もしそうだとして、今は彼を支持している”一般の”人々のどこまでがふるいにかけられるのか、そして今回投げ入れられる小石の波紋が将来”レジーム”を揺るがす程度の力を保ち続けられるのか。

今は想像するしかないが、結局は日本人の奥底にある力がどの程度健全であるのか、またそれがどの程度持続するのかが、
今後の展望を左右するのでは無いかと漠然と考えている。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://seikenrou.blog91.fc2.com/tb.php/374-584a3df1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログ内検索

Lc.ツリーカテゴリー

現在「カテゴライズとは」という思考の迷宮で迷子中
もうちょっと整理して見易くするからチトお待ちを。

人気ブログランキング

ポチリとおたのもうします
おたのもうしますホントに

最新10件の、記事とコメッ!

皆様のコメントが誠犬楼を支えております。 完全言論の自由を目指します。

今くらいのペースなら全レスします。 (レスが無かったらそれは誠犬のウッカリです)

Tree-Arcive

プロフィール

誠犬

Author:誠犬
(禁煙ファシズムにNO!)きせる愛好会 会長
在日特権を許さない市民の会 会員
名も無き市民の会 協賛会員 New!

尊王維新靖国護持田沢隊 隊士
===============================

下等遊民。


出来る限り平易なコトバで読み、聞き、考え、書き表したい。
だからわたしは、市井の哲学者。

メールフォーム

個人的な連絡、引用、リンクに関する事など、 何かありましたら気軽にこちらへお願いします。 記事自体へのご批評・ご批判はコメント欄に宜しくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

いたづら、ダメ。絶対。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Lc.ツリーリンク

FC2アフィリエイト

↓こんなのより、最後のプルチネッラをお願いします。
FC2動画

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

↓アフェリエイトです。こんな物より『最後のプ(略

FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。