Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝床の三センチ前で さかなを飼っています。

枕もとで魚を飼い始めた
五センチくらいの魚は、
全て俺がみたすべての事より美しい



まだとどくかもしれない

このめのまえのすいそうのちいさなさかな

どうせとどかないしどうせあしたしぬこのめのまえの五センチの魚


とどかないとしっていながら

何故エサをやる?


おまえはうそつきだろ

おまえはうそつきだろ

イクマが死んだらしい 「テクマ」とか名乗ってたらしい

仕事してたら

イクマが死んだらしい。

イクマは、懐かしい、遠くの友達だ


テクマとか名乗って
ずいぶん名をはせたらしい、


ぜんぜん、誰にも知られなかったな


ぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったなぜんぜんだれにもしられなかったな


なあ、テクマ。


テクマwwwww


おまえヤフゥニュウスに
残骸みたいにひっかかってたよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


おれおまえみたいなひとになりたがっさsdfdgrtrhsjんm



テクマwwwwwwwwwwwwwwwwwwww





テクマwwwwwwwwwwwwwwww



お前、しんじゃったのかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




いいかげんにしろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww






















誰もお前の事なんて気にしてねえよ





しんでよかったなwwwwwwwwwwwwwwwwww





だれもおれみたいにきにしてねえからwwwwwwwwwwww




きにしてねえよw



お前は鼻がとても高くて、法政大学を卒業したら女のセイトと付き合いまくりたいって
、そんなクソみたいな事を、あの新入生の春に言ってたね


ああ、テクマ、っていうか
イクマ、


お前の人生なんてほんとうにつまんなかったな、


俺や、ソノタニンは、もっとつまんないから安心しろな、イクマ。




おまえよりはずっとつまんないから、




あんしんして しね

いいかげんにしてくれ

インターネットは「天皇」のあり方を変えるのか?小林よしのり×本郷和人×大田俊寛


もうほんとうに



いいかげんにしてくれ



真面目なひとなら、
どんなくそでもあきらめずにその内容を読んでから批判しろというんだろう

しかしもうほんとうにいいかげんにしてくれ

インターネットは「天皇」のあり方を変えるのか?小林よしのり×本郷和人×大田俊寛

インターネットは「天皇」のあり方を変えるのか?小林よしのり×本郷和人×大田俊寛

インターネットは「天皇」のあり方を変えるのか?小林よしのり×本郷和人×大田俊寛




もうやめてよ




か?


じゃねえよ





やめて。




その悲しいファミレスでは、
食事が終わって1時間以上経っているのに皿を下げなかったり
女性用と、男女兼用の二つのトイレのうち、男女兼用トイレに女性従業員が篭って出てこなかったり
厨房で馬鹿でかい声の外国語と爆笑が絶えず聞こえてきたり
開店時間がとっくに過ぎているのに全く開店準備が出来ておらず床がびしゃびしゃだったり
ウエイトレスに日本語が通じなかったり

エッと驚くほどハンバーグ(と称するヘンな練り物)がまずかったり
アッと目が覚めるほど玉子料理に味がついていなかったり
ウッと吐き出したくなるほどスープが薄かったり

するのだが。
全て時間とカネの都合上仕方ないのである。


カネ=マネーとは、正しく時間とイコールであり、それは即ち「力」であり「信頼」であり「あなたの存在そのものを保障するものである」

そして、そういう考え方をする、あるいは自然とそういう振る舞いをする人間を私誠犬は拝金主義者、我利我利亡者と呼び、軽蔑し、かつまた彼らの力強さを畏れ、その知的怠慢なマッチョどもを怖がり、尊敬する。

別にハイデガーなんぞ読む必要は無いのであって。
昔からいうでしょう。時は金なり。
そして、現在の科学力では、あなたやわたしの「タイムリミット」は確実にある、のであって。
つまり、時(=場所)=あなた自身の存在=カネなのであります。

さらに近年は、資本主義の暴走、投機(投資ではなく)主義者が世界を跋扈し、時間やカネが無いから仕方ないと狂ったように騒ぎまくっております。

誰かがあなたの話を聞こうともせずに一方的にあなたを嫌うのも
あなたの身形や背格好であなたそのものを判断しようとするのも
一度愛したものを捨てるのも

エセ宗教やサギ師にオバハンたちがはまって行くのも
フクダのどあほうが日本國をこわそうとしているのも、フルタチも加藤工作員もミノモンタも
チベットも毒ギョーザもガソリンも麦も米もサカナも野菜も

このブログが遅々として更新されないのも
あなたが退屈してここを読み飛ばすのも。

超人気ブロガー「よーめん」氏に誠犬が射殺されるのも(笑
そして射殺された事に私が今頃気づいて青くなるのも。
※ちなみに、よーめん氏のブログは当誠犬楼が初めてリンクさせていただいたブログであり、誠犬楼自体よーめんブログを発端にして出来たようなものなのでありますが。

およそ全ての人間的(非人間的)問題は、時間が無いから仕方が無いのである。
にんげんだもの、である。

マルクスなんぞ読む必要は無い。

忙しい忙しいと言い、他人を傷つけ、自分をそこない、なにもしないで死んでいく。
あたしゃ、こういうのを心の地獄と呼びたい。











こういうのが



心の地獄なんだ










相模原市障害者施設殺傷事件について

国家、もしくはそれに準ずる、主権を構成する(存続しようという意思を共有する)集団を運営する時に、
その集団にとって「役立たず」「足手まとい」になる構成員を排除した方が、
その「役立たず」「足手まとい」を集団内で養うよりも有益である、という考えが、
存在する(した)事は事実である。
また、私は上記の考え方が「間違っている」とも「正しい」とも言えない。

植松聖という人が本当は何を考えていたか、などは興味が無いし、そもそも私には知りえない。
集団内の構成員を選別するという思想についての是非が全く議論されない状況が、

いかにも悪しきヒューマニズムに覆われた言語空間を表現していて心持が悪いというだけだ。
現在の日本においても、とても許容できないと司法で判断された個人は殺されるという仕組みはかろうじて残っている。
しかし大概の意見は「法律に反したからシケイだ」という浅薄な価値判断に寄っている。

タイトルの事件で、容疑者植松聖が行ったとされる振る舞いの中で
もし上記のような考えを目的にしていたとしたら、間違っているのは、
集団(この場合日本国)内での司法立法行政権を、植松聖個人が行使出来るわけがない、
という点にかかっている。

しかも、大ぶろしきを広げてもたった数百人しか「除去」できないと言っているし、
実際に彼が彼なりの実力で実行したのはほんの二桁だという。
それでどのような社会変革を望むというのか。
せいぜいが、「邪な」考えを心に抱く少数者へのコマーシャルになった程度の事だ。

もしも「脳も機能せず身体も機能しない人間を社会から排除し、この国を良くしたい」と思うなら、
それをスローガンに政治権力を手に入れる必要があり、
それは全く不可能な事である。

そんな可能性を追うなら、知的障害を医学的に完全に治療するというSF的な科学技術の発展に期待する方がましである。

ただ、知的に深刻な障害を負った人間は、社会的に、もっといえば特に肉親や近しい人にとって、
同情を差し挟むこともできないほどの「単なる負担」であるという冷たい現実を、
「人の命はどれも同じ価値を持つ」などという醜い嘘で誤魔化すのは気持ちが悪い、と言いたい。


余談になるけれども、チャンネル桜というメディアの水島聡社長など、保守論壇側がこの事件について語る中で、
どんな悪人でも病人でも抱擁するのが日本的な価値観であるという論調があった。
知的障碍者を排除するのは日本的価値観ではない、という。

しかし、例えば明治維新以前の日本に高度な医療技術があったと想像したとき、
これから生まれる子供が労働に適さない重度の障害があると出産以前に判明するとしたら、
「間引き」を選択する日本人は少なくなかったと想像する。

命(現世における命)が何よりも大事、などという珍妙な価値が蔓延する以前の日本であれば、
「いたましい子供」は無念であっても「間引き」して、水子地蔵であれなんであれおまつりをして、
そのこどもの命を、魂や現世に拘らない命を、大切にしたのではないか。

「日本的価値観」とやらを、特に戦後日本における薄っぺらなヒューマニズムを通して
過度に美化(醜化)するのはやめるべきである。

前回書いた青山繁晴氏への違和感も「根っこは同じ」だ。

青山繁晴さんについて

参議院選挙などにはほとんど面白みを感じないけれども、期日前投票はしてきました。
青山繁晴さんが立候補されていたのですね。世の中には彼が立候補したことは十分伝わっているのでしょうか。

日本という国が政治的により良い方向に行ってほしいと願う人は青山さんに投票して殆ど間違いはないと思います。
立候補を遅まきながら知った身として、保存してあるメモの中から、青山さんに関するものを張り付けてみたいと思います。
7年くらい前のメモもあるし推敲する時間もあまりないので散らかった論になりますが私が彼を認識してからほとんど私の見方は変わっていないので左程の矛盾は無いと思います。

また時間がある時にでも、一個の青山繁晴評でも書いてみたいとは思っています。
何故なら、「青山繁晴的」な「正論」を疑う事から私の思索は始まっているからです。それは30年近く変わっていません。
そして、「普通に生活する日本を愛する国民」は青山繁晴と意見が違う場合でも彼に票を投じるべきでしょう。
経済理論をはじめ、色々な所で意見が違う所はあるでしょう。

しかし、青山繁晴氏は「彼なりの」愛国的正道を間違いなく清廉に、正々堂々と歩くであろうと私は確信しますし、
いち議員になった場合、各論の正誤に関係なく、彼の活動は日本国家の為になると確信するからです。


以下、多少言葉を揃えた、青山繁晴氏に対する雑記のコピペです。

・青山繁晴は実践者として日本国に間違いなく貢献するだろう
青山氏は、人間理性への信奉者であって、かつ大東亜戦争を偏見無く見ようという姿勢を持っている。
その結論が間違っていようがいまいが、彼が言論活動をすることは日本国にとって有益である

「人間の自由」への信奉(「正義、正しさ」が実在するという信念)

人間の理性に対する信頼
国境を超えた、普遍的価値の実在を(疑う事はあっても)前提として活動を行っている

・実践者しての青山を応援するも、思想的には疑問がある

青山繁晴的正道を疑う事が近代への疑問、そして頭痛のする偏屈親父への道ではある。
正道を歩む、真っ当な人間を疑う事はアナキスト、ペシミストへの道である
しかし疑念は絶えず持たざるを得ない


「ヒトが普遍的に共有する理性」が、青山氏が実践する行動の道しるべとなっている。
彼は「ヒトが普遍的に共有する理性」という頑丈なヘッドライトを装備して道を走っている。
故に、道を間違えないし、清廉かつ潔白な青山ロードを走る事ができ、その姿は、
おおむね、戦後日本人が手本とすべき姿である。
そのヘッドライトそのものや、ヘッドライトの光源の後ろ側に、思いを致す必要は、「通常の生活者」には無い。


人間が普遍的に共有する理性は、実在する。
(「理性が未発達なヒト」は、原理的には、社会の合意形成の枠外に置かれる)
ここで道が分かれるのは、政治経済を含めた、社会の合意形成の過程で、
「充分な合理性をもって人間が行動するかどうか」に対する信頼の大きさである。

「人間が普遍的に共有する理性」は、最低限のものなのか、最大限評価されるべきものなのか。
<正確な情報が完全に与えられた場合、日本人は正しい合意形成をするかどうか>
私は「するのではないか」と、希望を交えて推測する。
青山は「する」と、力強く断言するのではないか(内心の葛藤はあるとして、少なくとも公には)

・青山氏を特徴づける現象

:愛情の深さ
:「既得権益」に対峙する姿勢の強さ

ジャーナリスト→実務家。経歴を細かく見れば見るほど、
力強さと「正道」への疑念の無さが見える
性愛の強さに悩んだ青年時代、共同通信へ入社する経緯、退社する経緯、

謙虚な言葉を発するが、非常に自己愛と自己肯定が強い。
「以後余生なり」「私は無駄に死ぬんです」という、肉体の捨象と裏腹の、永続する精神性への信頼。

表だって真っすぐに道を照らす光。その光源の裏側を疑う「姿勢を少なくとも表には」みせない実践家。
自由主義、民主主義(日本型民主主義)の肯定。

「戦争ばっかりやってる困った国」というアメリカ表。
「右も左も無い」「みんなで一緒に考えよう」
「戦争」「ばっかりやってる」「困った」という言葉に彼のストレートな価値観が見える。

Appendix

ブログ内検索

Lc.ツリーカテゴリー

現在「カテゴライズとは」という思考の迷宮で迷子中
もうちょっと整理して見易くするからチトお待ちを。

人気ブログランキング

ポチリとおたのもうします
おたのもうしますホントに

最新10件の、記事とコメッ!

皆様のコメントが誠犬楼を支えております。 完全言論の自由を目指します。

今くらいのペースなら全レスします。 (レスが無かったらそれは誠犬のウッカリです)

Tree-Arcive

プロフィール

誠犬

Author:誠犬
(禁煙ファシズムにNO!)きせる愛好会 会長
在日特権を許さない市民の会 会員
名も無き市民の会 協賛会員 New!

尊王維新靖国護持田沢隊 隊士
===============================

下等遊民。


出来る限り平易なコトバで読み、聞き、考え、書き表したい。
だからわたしは、市井の哲学者。

メールフォーム

個人的な連絡、引用、リンクに関する事など、 何かありましたら気軽にこちらへお願いします。 記事自体へのご批評・ご批判はコメント欄に宜しくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

いたづら、ダメ。絶対。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Lc.ツリーリンク

FC2アフィリエイト

↓こんなのより、最後のプルチネッラをお願いします。
FC2動画

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

↓アフェリエイトです。こんな物より『最後のプ(略

FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。